Mint19.2Xfceの場合なぜかデフォルトだと手持ちの.iccも.icmも"the profile was not added in time"となってインストールできない。自分でファイルを該当すると思しき箇所にコピーしても認識しない。

この対策だがxiccdというdaemonをインストールするとプロファイルが読めるようになる。Mint18ではプロファイルをロードして適用するのにdispcal使っていたのだが、実はこのxiccdもプロファイルを起動時にロードする機能がある。うっかりすると二重にプロファイルを読み込んで競合したりするかもしれないので注意。

(追記:書き忘れたが"Gnome-Color-manager"も必要。xiccdがないとプロファイルを読めないが、こちらもないとプロファイルのインストールができない。)

xiccdでプロファイルをロードするにはcolordでプロファイルをデバイスと紐付けてデフォルトに設定する必要がある。これコマンドラインで使うのだがすご〜く面倒くさい。以下のフォーラムの手順を参考。

How do you set system display color profiles in Xubuntu and Lubuntu?

If I was doing this first, without having set up Firefox I can open a terminal (ctrl+alt+t) and use colormgr to import my display profile from any location into ~/.local/share/icc/ like this

colormgr import-profile /home/user/Downloads/my_screen_profile.icc

Be careful with filenames. I had problems with white space in the filenames I created making the profiles with Argyll / DisplayCAL. It seemed best to keep the filenames short and simple. For some reason I have to run this command more than once. The first run copied the file into my icc directory, the second run actually imports the file into the colord system and reports back with a summary of the profile including meta and the profiles "object path". Next we can check that xiccd has allowed colord to interact with the display with the command

colormgr get-devices-by-kind display

This returns a summary which includes the display device's "object path" required for adding the profile with the command

colormgr device-add-profile "display device object path" "profile object path"

The object paths are long so I used shift+ctrl+c to copy and shift+ctrl+v to paste in my terminal window. If you run
colormgr get-devices-by-kind display

again you should see your profile in position 1) making it the default profile. If it isn't or you want to change the default use

colormgr device-make-profile-default "display device object path" "profile object path"

and removed with

colormgr delete-profile "display device object path" "profile object path"

Other options can be found from

colormgr --help

https://askubuntu.com/questions/199661/how-do-you-set-system-display-color-profiles-in-xubuntu-and-lubuntu

xiccdの注意点だが、ログアウト→ログインするとxiccdがもう1つ追加で起動してCPUコア1個分ほど専有してしまう。タスクマネージャーなどから終了できるが、CPU使用率の低い方を残してcolormgr get-devices-by-kind displayで見るとプロファイルが読まれてない?
といってCPU使用率が高い方を残してもいつまで経っても使用率は下がらない。ログアウト前にxiccdを終了させておくか、再起動やシャットダウンを選択すべきか。

追記

どうやらxiccd 0.2.4の不具合、最新版の0.3で修正されるらしい。

xiccd doesn't kill itself when I log out of XFCE, and xiccd burns my CPU cores. · Issue #9 · agalakhov_xiccd · GitHub

xiccd takes up 100% CPU · Issue #14 · agalakhov_xiccd · GitHub

アップデートマネージャに来るのを待つか?、Githubにはもうあるから自分で入れるか?

なんだかよくわかんねーよという人はMint19だとCinnamonならデフォでカラマネに対応していて楽ちん。MATEはまだ使ってないからわからん。

Xfceは最新バージョン4.14でカラマネに対応したようだ。でもMintでXfce4.14が採用されるのは次かそのまた次?

追記:Manjaro+Xfce4.14

ManjaroでXfce4.14を使ったが、GUIでcolord・colormgrと同じ設定ができるツール"Color Profiles"が付属していた。デバイスとプロファイルの紐付けしか機能がないみたいなので、結局はxiccdなどをインストールしないと使えない。上で引用したフォーラムのコマンド入力をGUIで代行できる、それだけのようだ。

xiccdもv0.3がpamacからインストールできるのでログアウト→ログインでの複数起動とCPU負荷上昇は修正されていた。