このEven、元々はHexo用のテーマらしい。紙にブルーインクのペンで書いたような外観がかなり好み。

Hugoはシンプルな外観なのにスクリプトの多用で妙に重いテーマが珍しくないがEvenはそこそこ軽い。最速とはいえないが上の下くらい? 画像を使用していないページは圧縮込みでの転送量が100KB以下になる。

テーマの更新頻度が低いのも地味に嬉しい。「更新が多い=カスタマイズしているとその都度チェックが大変」というのをWordPressの時に嫌というほど思い知ったから。子テーマにしてもcssやfunction.phpだけで収まる範囲にしとかないとホント面倒でねぇ……

2020/4月更新後の注意点

さすがに半年も経つとテーマ内の何をカスタマイズしたのか記憶がない。やっぱ備忘録は大事。

バージョンアップ後にページ名のArchiveやTags、Categories表記が消えた?ついでに「x Tags In Total」なども表示されない。何がいけないのか悩んだが、原因は自分の作ったi18nのja.yamlが消えていたせいだった。
色々ゴチャゴチャしてきたのでEvenを削除してから再インストールした時にコピーし忘れというかja.yamlを作っていた事自体忘れていたのだ。

(追記:5/5のアップデートで日本語のi18n ja.yamlが追加された。)

CSS

以前のバージョン(2019/08くらい?)だとカスタマイズをする場合、scss編集後にyarnなどを使って自分でビルドする必要があったが今回のバージョンアップ(2020/04)ではHugoがサイト生成時に自動でビルドしてくれるようになった。

旧では/static/dist/にminifyされたcssがあったが、新ではテーマ内に実ファイルが存在しない。scssの場所も/src/css/から/assets/sass/に変更されていた。

scssの内容はほぼ変更なしでstyle.scssがmain.scssに名称変更されたくらい。custom.cssを使わず直接scssをカスタマイズしていたが丸々コピーで問題はないようだ。今後の事を考えるとcustom.cssに移せる部分は移したほうが無難かなぁ。

Goldmark

Hugoのv0.60あたりからデフォルトのmarkdown handlerがGoldmarkになった。その影響でconfig.tomlでunsafe = true(デフォルトはfalse)を設定しないとhtmlタグで括られた部分が表示されなくなってしまう。

1
2
[markup.goldmark.renderer]
      unsafe = true

原因がよくわからないけれどEvenのショートコードadmonitionもunsafe = trueにしないとうまく機能しないので注意。(現行EvenのexampleSiteのconfig.tomlにもunsafe = trueの記述がない。)
Goldmark関連の記述は全部config.tomlに追加して各項目の有効/無効を試しておいたほうがよさげかも。